高画質コンパクト、Sony-RX100


2012-9-20

コンパクトも進化

デジタルカメラの進化が続く。解像度、感度、レンズの収差など、基本性能では、フィルムを抜き去り、デジタルを活用した機能、大きさやデザインは、フィルムカメラの次元を越えている。機能で言えば、HD画質の動画や、HDR、パノラマ、手ぶれ夜景にピクチャエフェクトやネットワークアップロードなどは、フィルムではできないことだ。デザインも軽く小さく、携帯電話に入るほどになった。往年の超小型フィルムカメラの名のMINOXは、007御用達だったが、今では誰でもがスパイになれる。現像が不要なので、標準フィルムサイズから解放され、独自サイズのセンサーが使える。防水デザインや、ボディカラーのバリエーションもすごい。液晶ディスプレイがあるので、小さなファインダは不要。メガネ人間にはありがたい。現在のデジ一眼のミラーレス化で、コンデジとの差は縮まりつつある。

動画は、子供が大きくなってしまったので、もうあまり撮ることもないが、HD画質が60fpsで撮れるのはすごい。16GBのメモリカードを付けたら、電池がなくなるまで撮り続けられるのだろう。

今や、以前のコンデジの役割は、スマートフォンに移行しているので、スマフォとの差を明確にするため、コンデジは高画質化路線にあるようだ。フジのX10, X100, キャノンのG1X、オリンパスのXZ1、ニコン1などだが、Sony RX100は、「小さくて高画質」という位置取りをさらにはっきりさせた。一番の特徴が、1インチ型というセンサーサイズに現れている。

RX100の良いところ

RX100の不足なところ

まあまあなところ

作例

   トリミング以外、JPEGの撮って出し、F2.0, 1/30, ISO200、Dレンジオプティマイザ=オート
風景モードで彩度+1のせいか、色はこってりしている。広角端だが、歪曲が全くないのが驚き。色収差も含め、非常に良く補正されている。
   RX100 フル解像度、望遠端 100mm相当、ISO125, F4.9, 1/200
背景がぼけてはいるが、不十分。
RX100 DynRangeOptimizer Level5  開放F1.8 絞りF5.6 1/640 ISO125 コントラストが非常に強い夏の直射日光下の東京駅、Dレンジオプティマイザを最大に効かせる。威力は絶大
Fujifilm F100fd f=6.4mm 開放F3.2 絞りF9.0、1/800 1200万画素 ISO400 F100fdは、Dレンジを広げた最初のコンデジ。400%に広げてとったはずだが、EXIFには情報がない。感度が上がっているので、露光量は、左のRX100の2倍あるが、こちらの方が暗い印象。しかし、普通に撮ると簡単に黒つぶれする状況なので、善戦している
 
  植物園のブルーベリー f=28mm相当、F1.8, 1/640、風景モード
下は、Sony Alfa-55+Tamron 28-75mm F2.8 (f=75mm F3.2)で撮影。
色があまりに薄いので、RX100並になるようにphotoshopで濃くしたのが右。葉っぱの色がかなり異なる。RX100は彩度が高く、鮮やかに写る。背景のボケ方は、さすがに一眼の価値。
  
  夏の7時過ぎ、かなり暗くなってから。ISO3200までは十分使える。
28mm広角端、ISO1600、F2.5、1/30、中央重点測光
 夕焼け  こちらは、A55
   イラストモードで遊んでみた。カメラが勝手にやってくれて、あとからPCでいじれないのは寂しい。原画像は保存されない。

Penguinの作例は、Picasa, FlickrPanoramioでご覧ください

今後の期待

RX100を改良して、RX101でもっとよいコンデジにしてもらうとしたら、望遠側をもっと明るくすることが本質的で、あとはファームウェアの改良で対応できるようなことだ。でも、このサイズだから、RX100は、もう、完成形近いのではないだろうか。(防水型のRX102なら買うかも。3DのRX103はどうしようか?)

この記事をぼちぼち書いている最中に、Sonyから、35丱侫襯汽ぅ坤札鵐機爾、35mm固定焦点レンズ、レンズ交換不要というRX1が発表になった。一眼のようなプリズムのでっぱりがなく、ファインダもなく、ライカ型でとてもかっこよい。2012年11月の発売で、予想価格が25万円という、APSデジ一眼をみんな煙に巻くような、おどろくべき価格設定である。欲しいとは思うが、この値段では、よほどのマニアでないと手が出せまい。しかし、ライカ並みの高級機というのは、みんながねらって失敗しているので、なんとかがんばって欲しいものだ。実際、デザインは、ライカに似ているし、もちろん、RX100にも似ている。

RX100の次にRX1が出るのなら、その間のRX10が出るのではないかと期待する。そのスペックは、APS-Cサイズのセンサーで、レンズ交換不要、レンズは、35仭蠹の固定と28-85mm相当のズームのどちらかであろう。それでF4以下なら、かなり食指が動く。しかし、ソニーとしては、APS-Cサイズでは、NEXとの競争になるので、出してこないかもしれない。NEXがすでにかなり安くなっているのに、レンズ交換のできないRX10?がそれより高いという値付けもしにくいだろう。

でも、私の欲しいのは、APS-Cに明るい標準ズームレンズで交換不要、ファインダも不要、300g台のRX10です。フィルム時代は、フォーマットの大きさ=粒子の数=解像度だったが、デジタルでの解像度は、コンデジも、APSも、 フルサイズも、全部2,000万画素あたりにそろっていて、フルサイズで画素数をかせぐ意味は小さい。感度も十分高い。もちろん、ぼけが出しやすくなるのはいいのだが、フルサイズでそのための明るいレンズは、サイズが大きくなり、したがって価格も上がる。逆にセンサーサイズが小さく、レンズ固定にすれば、明るいレンズが出来る。そうは言っても、1インチ程度では強いボケは出ないので、four thirdsかAPSくらいが良いのではないか。

OlympusのXZ-1は、広角端F1.8で、RX100と同じ。ところが、望遠端でもF2.5で、RX100より二絞り明るい。センサーは、1/1.6インチなので、RX100の2/3だが、二絞り明るいレンズなので、XZ-1の方が焦点深度は浅く、ボケが出やすい。XZ-1は、今となってはの1000万画素の低感度CCD、レンズキャップがあったり、背面ディスプレイがいまいちらしいので諦めたが、価格も半分くらいなので、かなり迷った。

APS-Cサイズとして、RX100を買うに当たって、NEXも検討したが、どうにもレンズが魅力的じゃないです。レンズ交換できると言ったって、交換したくなるレンズがない。それよりは、1種類のレンズで徹底的に収差を画像処理で補正してくれる方がありがたい。そして、交換メカニズムがない分、カメラが小さく、安くなればありがたい。そもそも、ズームレンズなんだから、レンズを交換する必要性は低いはずです。それよりは機動性を重視したい。

あ、それから、電池は、RX100と共通にして下さい。もう、いろんな電池と充電器がごろごろしています。もったいないよね。


Penguin!!のトップに戻る