Penguinノート


Penguin!! Home

検索文字:
■2018年12月12日 Huawei
米国が中国の携帯電話メーカーZTEに制裁違反の輸出の罪で罰金、取引停止を
課したのに続いて、Huaweiも政府調達禁止、同盟国にも同様の措置を要請した。
Huaweiの携帯電話が使えなくなるのかと心配する向きもあるが、問題にしている
のは、携帯基地局の方だろう。5G整備に向けての経済戦争の意味もあるが、携帯
基地局から通信情報が抜き取られて、中国に送られるのではないかという疑惑
である。これらのセキュリティに敏感な機器は、セキュリティ強化のための
ファームウェアアップデート機能を付加しておくのが常識である。PCでは、
その操作が見えるし、アップデートを止める(遅らせる)ことも可能であるが、
携帯基地局のような大量の機器では、全体を一斉にアップデートするために
遠隔からアップデートを強制する機能も入っているだろう。そこでファーム
を書き換えて、情報を窃取できるようにしてしまうことが可能になる。普通は、
その作業を携帯事業者が行うであろうが、製造者が隠しコマンドを忍ばせて
製造者が書き換えることも可能であろう。元元は、機器のメインテナンスと
セキュリティ強化のための機能であるが、あまりに強力なので、何でもできて
しまう。メインテナンス機能が危険なのは、ずっと指摘され続けている。しかし、
同様の機能は、Huaweiに限らず、すべての基地局機器に搭載されているだろう。
Huaweiだけをターゲットにしたのは、何か明確な証拠、たとえば、実際に情報が
中国に送られているのを検出したか、別件で問題になる行為があったのだろう。
その別件というのが、HuaweiのCFOがカナダに入国したところで逮捕された
ことにつながる。Huaweiは、アメリカの銀行を通じてイラン等の制裁対象国と
取引していたという記事がそうかもしれない。
同時期に、Softbankの携帯がすべて不通になった。Softbankは、他の国内
携帯事業者と違って、その携帯基地局がHuawei一色であると言われる。
すわ、Huaweiが自社の基地局機器に命じて不通にしたのかとびっくりしたが、
こちらは、もっと根本のEricson製パケット交換機のデジタル証明書が期限切れ
になったせいだと報道された。こちらも、パケット交換機のファームウェアを
アップデートしたところ、新しい証明書の期限が短く切ってあったので停止し
てしまったが、古いファームに戻したら復活したと。アップデートは、とにかく
慎重にならざるをえない。いずれにせよ、基地局回りの雲行きが怪しい。
■2018年12月09日 クリスマス電飾
クリスマスの季節になると、今や駅前広場などにLEDを使ったイルミネーションを
盛大に盛りつけるようになった。1991年にカリフォルニアで暮らしたときに、
家々の庭にイルミネーションを飾り付けているのを見て、家族で感心した。
自分たちでも小さな、30球ほどの電飾を買い込んで、クリスマスツリーを飾り
付けたりした。その電飾を日本に持ち帰り、アパートのベランダに飾ったり
していたが、120V仕様のを100Vで点灯するので暗い。それにタマがいくつか切れて
とうとうつかなくなった。10年ほど前にLED版を買った。太陽電池が電源で、ニカド
に充電して夜光らせる。2階のベランダから、木の形にぶら下げて光らすと、
周囲が暗ければ、十分に楽しい。それが今年は点灯しなくなった。家内は捨てると
言うが、ちょっと待て、充電電池が劣化しているだけに違いない。案の定、エネループに
取り替えたら、点灯するようになった。電池の容量が、オリジナルより倍近く増えて
いるから、より長時間光るかも知れない。準電する光電池も劣化しているだろうね。

■2018年12月08日 100均
昨日書いたボールペンや鉛筆もそうだが、100均の売り物は、ホントにあきれるほど
安い。ノートも安かった。乾電池も安い。台所で使うスポンジとか、ナイフフォーク
とか、全部100円で間に合う。ノート、鉛筆、乾電池などの品質は、他のまっとうな
製品と比べて遜色ないどころか、100均の方がよかったりする。どこかの店で
買ったものが、100均でも売られているのを見ると、とてもがっかりする。
一人暮らしのアパートの部屋が、100均グッズで埋められていくのが悲しい。
こんなふうだから、日本のGDPは増えないのだ。給料は上がらなくても、生活の
質は、別に悪くなりはしない。
■2018年12月07日 ボールペンと鉛筆
100円ショップにノートを買いに行った。近くにボールペンが売られていて、
安いのは、10本で100円だった。昔(昭和40年代)は、鉛筆は10円、ボールペンは、
子供は使わないが、100円くらいだったと思う。その後、物価は何倍かになったが、
ボールペンについては1/10になったということか。アマゾンで探すと、鉛筆は、
安いものでも1本30円くらいだから、ボールペンの方が安い。ダイソーの鉛筆は
もっと安いのかと思って探すと4本で100円だから、やはりボールペンの方が安い。
おもしろいのは、こんな記事 http://the360.life/U1301.doit?id=4323
ダイソーの鉛筆が第1位になっている。昭和40初めに、UniとかHiUniとかいう
一本50円、100円する鉛筆が発売された。濃くて滑らかで折れにくいと言うことだったが、
今はダイソーの鉛筆に負けるのか。
ところで、自動車の中に燃費記録用にボールペンを入れておくのだが、夏を越すと
決まって書けなくなる。特に安物(もらいもの)がひどい。こういうところには
鉛筆の方が良い。芯が折れると使えなくなるのが難点か。
■2018年12月04日 積弊と風邪
後期の授業は、二つあって、他の先生と共担しているが、11月末で私の担当の
ほとんどが終わって、12月は好きな研究ができる(とは言っても次の授業を
考えないといけないけどね)。11月末に頼まれていた大事な講演が終わった。
まずまずの成功だった。民事裁判で訴えられていたが、11月末に判決があり、
当方の完全勝訴で終わった。3年半もかかった。たまったものが全部終わって、
先週末からとても楽な気分になれた。そう思ったらすぐに軽い風邪を引いた。
だけど、焦らずのんびり寝てればいいやと思える。それにしても、気が緩むと
風邪を引くって、すごくよくできている。気が張り詰めているときは辛抱して
いるわけだ。つくづく、人間の体はよくできている。(あ〜だけどまたすぐに
次の用が舞い込むようになった)
■2018年11月30日 学徒動員
韓国の司法が、三菱重工に対して、またもや戦時中の朝鮮半島労働者に賠償金を
支払えと言う判決を出した。もう払ってあるのにだ。ここで払ったところで、
いつかまた蒸し返すに違いない。当時のことを親に聞いてみた。終戦時に14-15歳
だったので、訴訟を起こした朝鮮半島人(当時は日本人ですし韓国はなかったし
韓国も北朝鮮も同じだったからこう呼ばせていただきます)と同じ年頃だろう。
徴用されたのかと聞いたら、徴用ではない、学徒動員だったと言う。14-5歳という
のは、今の中3から高1で、当時の中学校や女学校に行くのは1割くらいで、そういう
学校の生徒を労働に使うのを学徒動員と言った。勉強も仕事もなくぶらぶらして
いる(あるいは農業?)者に働かせる徴用とは違ったという。仕事もなくぶらぶら
しているのだから、働けてありがたかったのではないか。オヤジは、合板を作って
いたという。母は、確か、零戦の増槽タンクを作っていたという。給料は出たのか?
月に40円出たと言う。ただし、なぜか授業料が値上がって5円くらいから15円に上がった
そうだ。それでも25円は収入になった。別の資料では、当時の1円は今の3000円くらい
というから、40円では12万円の月収と言うことになる。中3や高1としては妥当では
あるまいか。昭和19年の7月くらいから終戦まで働いたと。先生は何をしていたか、
労働の監督をしていた。楽なもんだね。勉強はしたのか、授業は日曜にあった、
だから一日も休みがなかった。先生は日曜は授業をして週日は労働の監督を
していたことになる。ブラックだね。朝鮮半島人はいたのか、いなかった。そういう
人たちは、日本人に混ぜるのではなく、別のところで働かせられていた。きつい
仕事をさせられていたのではないか?朝鮮人徴用工の手記 https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E4%BA%BA%E5%BE%B4%E7%94%A8%E5%B7%A5%E3%81%AE%E6%89%8B%E8%A8%98-%E9%84%AD-%E5%BF%A0%E6%B5%B7/dp/4879990418/ref=sr_1_7?ie=UTF8&qid=1543711760&sr=8-7&keywords=%E5%BE%B4%E7%94%A8%E5%B7%A5
という本では、絹の布団を与えられるなどずいぶん厚遇されたと書いてある
らしいがというと、ほう、そうか、まあ、経営者の人徳で違うのだろうと言うこと。

終戦期は、船もなく、朝鮮半島から人を運ぶのにも難儀したので、そんなにたくさん
の労働者が日本に渡ったとも思えない。半島内の日本の工場で働いたのかもしれ
ないが、人を運ぶ船もないのであれば、物を作っても日本に運べない。半島の
労働者を働かせる必要性は低かったのではないか。

別の調査では、日本、ドイツ、ロシアなど、戦争時期の若者は戦死したり栄養が
悪かったりで、その年齢層は今でも人口ピラミッドに大きな窪みとなって現れるが、
朝鮮半島人だけにはそれがないという。
■2018年11月25日 北方領土
また北方領土が話題になっている。4島のうち2島だけ返還させるかとか。
筋を通すには、4島そろって返してもらわなければならない。日本が隣接する国は、
朝鮮、中国、ロシアであり、これらの国との関係は、日清、日露、朝鮮併合、そして
終戦という関係で今に至っており、いずれも領土問題を抱えている。2012年以来、
もはやというかやはりというか、朝鮮とは同盟できないことがはっきりした。
1910年以来かもしれない。前大統領が言ったように、1000年たたなければ無理だろう。
それに比べると、中国、ロシアはまだ常識が通じる国だ。この2国が朝鮮と協調
するようになると、日本は、慰安婦も徴用工も日韓協定もめんどうなことになる。
北方4島については、妥協しなければしょうがないだろう。北方領土は、何十年も
前からの懸案であるが、昔は、ここがどういう島か全くわからなかった。今は、
Google mapsでかなり詳細にわかる。サハリンなどは、ストリートビューでよく
わかる。すると、歯舞、色丹は、国後、択捉と比べると全く価値がない島である
ことがよくわかる。ロシアからすれば、一番南のありがたい領土であるはずだが、
まったく関心を引かない島であるようだ。
■2018年11月20日 ヨーグルト
好きでよく食べるが気づかなかった、明治ブルガリアヨーグルトの量が
減って実質値上がり。http://blog.esuteru.com/archives/9071251.html
500g→450g→400g と減ってきたらしい。容器は同じらしい。450gでは多すぎて
使いにくいという声が強かったのならしかたないが、量を減らして値段を下げて
安くなったようにみせかけるよりは、普通に値上げして欲しい。日頃から、
乳製品の値段が安すぎると思っていた。量販店が買いたたくからいかんのだ。
乳製品の値段が下がると、牛の赤ちゃんは、その牛乳の値段以下の代用乳で
飼育しなければならない。昔は、そこに肉骨粉が使われて、狂牛病に発展
したのだ。バターが全国的に品薄になったのも、牛乳でもうからなくなって
酪農家が廃業したのだ。牛乳は、一番良質な物が生乳として売られ、次が
ヨーグルトになる。さらに質の落ちる牛乳が加工されてチーズ、バターになる。
それでも量が減るから割高に感じる。乳製品に安さを求めていると、今度は
肉(プリオン)で仕返しされるよ。ところで、やっぱり、ブルガリアヨーグルト
が一番だと思う。https://mainichi.jp/articles/20180107/gnw/00m/040/003000c
■2018年11月19日 Hidden Figures
という映画を家族で見た。NASAに勤めた数学のできる黒人女性の話しと聞いていた
ので、妻がそれを選んでくれたことはうれしかった。家族が集まる前に、特典映像
を見た。DVD (bluray)で借りてくるメリットってそれしかない。俳優の他に、
実物の映像が見られた。さて、映画は、なかなか感動的でおもしろかった。
しかし、ロケットを宇宙に飛ばす時代まで、米国には黒人、女性差別が深刻に
残っていて、NASAのような先進的な組織まで、それを当然のこととしていたと
いうのが驚きだった。計算人(コンピューター)としての働きはよくわからない。
何を計算してくれたのかよくわからない。本部長が、「数式が重要」というのは、
「計算の達人」とは違う話のはずだ。解析幾何学が出てくるが、その中身は
わからない。何かすごい計算をしてくれたようだが、それが何なのか、たとえば
有効桁数が多かったのか、速かったのか、正確だったのか、よくわからない。
黒板で計算するのも変だし、それが一枚で収まってしまうのも変だ。ポケットから
チョークが出てくるのも。おもしろかったのは、IBM7090とFortranが出てきた
ことか。あのなかなか管理職になれなかった黒人女性は、先見の明があり、本当に
すごかった。コンピュータの計算よりも、主人公の女性の計算を信じたグレン
中左はがっかりだ。まあ、そういう時代だったのだろう。問題は、そのプログラムを
書いた人間が信用できるかどうかなのだが。まあ、とてもおもしろい映画でした。
■2018年11月15日 外国人労働者
出入国管理法を改正して、より多くの外国人労働者を受け入れようとしている。
農林水産業やコンビニ、外食店など、慢性的な人手不足なのだという。ちょっと前
まで、深刻な就職難だったのだが、3Kの職業に就きたがる日本人はあまりいない
のだろう。中国、ベトナム、フィリピン、ブラジル人などをよく見かけるが、
年間7000人以上が失踪しているという。https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-123492/
なぜなのか? 研究室のベトナム人留学生に聞いてみた。日本に来るには、ビザが
必要。観光目的であっても、日本に誰か知人がいないと、ビザが下りない。就労
ビザなど最も難しいが、それを助けてくれるブローカがいる。3-40万円を支払うと
渡航費と就職先が世話してもらえる。数十万円も持っているわけがないから、
借金をすることになる。日本に来ればたくさん稼いですぐ返せると信じている。
ところが、実習生などは、とても給料が低い。さらに、ブローカには、借金の
他に、毎月1万円ほどずつ吸い取られるのだという。それが辛いので、失踪するの
だと。つまり、ブローカから見つからないところに逃げるわけだ。しかし、それは、
不法就労になるのだろう。犯罪に走ることになるかも知れない。悪質な渡航・就職
ブローかを退治しないと事態はよくならないだろう。
■2018年11月12日 前向きに生きる
前向きに生きる人は、時間が足りない。だから、今日が早く終わればよいとか、
早く週末になってくれとか、次の給料日まで指折り数えて待つようではいかん
のだそうだ。これはちょっと反省。確かに、いつもあくせくして、時間が足りない、
忙しいと思っているが、心の奥では、早く土日になってほしいと思っている。
土日に何かやりたいことがあるなら、それでもよいかもしれない。ただ休む
ために週日の時間を空転させているようではいかんね。でもね、整体の先生には
しっかり休むようにも言われる。循環器の先生には、寝ていても眠りが浅くて
疲れが取れないのではないかとも言われた。どうしたらいい?夜になると、
目がしょぼしょぼしちゃって、所詮、長時間は働けないのだが。
■2018年11月11日 ローラー台
ああ、今日は、11月11日、ポッキーの日だったね。
遅ればせながら、自転車部屋にローラー台を設置しましたよ。
3本ローラーに興味はあったが、場所取りなので、固定式を選んだ。
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9F%E3%83%8E%E3%82%A6%E3%83%A9-MINOURA-MI415LR341-LiveRide-LR341/dp/B01N3L2EDB/ref=dp_ob_title_sports
後輪のクイックハブをミノウラ製に取り替えて、台に取り付ける。
ネジを回して後輪へのローラーの接触圧力を変えてみるだけ。この圧力は、
ワイヤーを通じてハンドルからも変更できる。早速、10分で5kmほどを漕いでみた。
まあ、本物とは違いますわなぁ。風が当たらない。自転車の抵抗ってのは、
ほとんどが風なのだが、それをタイヤの摩擦で置き換えている。その大きさは、
両方とも速度に比例するのだと思うが、なぜか違う。本物の自転車は、スピードが
遅くなっても止まらずに動き続けるが、ローラー台は、するするっと止まってしまう。
逆に、スピードを上げてもそんなに苦しくならないように思う。姿勢を変える
必要もない。揺れ方も違う。まあ、それでも筋力トレーニング、持久力トレーニング
にはなりそうだ。5km走って下りたら、脚の疲れを感じた。汗もかいた。
風がないから乾かない。ちょっと気持ち悪いね。
■2018年11月02日 血液検査
創立記念日で休みだったので、夫婦で献血に行ってきた。平日だから、空いている。
毎度のことだが、受付で、薬を飲んでいないかとか、既往症のこととか、しつこく
質問されるhttp://www.jrc.or.jp/vcms_lf/ketsueki_monshinhyo_2013ver.pdf。
その中に、不特定の異性と性的接触があったかとか、男性同士の接触がなかったか、
麻薬や覚醒剤を使っていないか、HIVの検査目的の献血かなど、かなりどきっとする
質問がある。若い二人が、数日前に出会って、結婚を誓い合って、献血に来ると、
受け付けてもらえないかも知れない。私の場合、配偶者を前にして、これらの質問に
はいと答えるわけにはいかない。献血センターは、二人(以上)連れだって献血に
来ると1ポイントくれるのだが、二人連れ立ってくると、これらの質問に対して
嘘をつく可能性が高い。もし答えがYESであっても、絶対YESとは答えないであろう。
一人での来訪をこそ歓迎すべきではないだろうか。ちなみに、二人で同時にこの
アンケートを開始したのだが、私の方が時間がかかってしまった。怪しまれるかも。
■2018年10月31日 徴用工裁判
最高裁に当たる韓国の大法院の判決が出た。大方の予想通り、新日鉄住金は
4人の元徴用工に1000万円ずつ、計4000万円賠償しろというものだった。
日本の主張は、もちろん、1965年の日韓請求権協定で支払い済みと言うこと。
韓国側は、この協定で個人の請求権は残る、すなわち個人への賠償はすんで
いないというが、それならあの巨額の協力金はいったい何のための金で、
誰が使ってしまったのか。日本への併合が不法に行われたから、協定も無効で
あるとのとんでもない解釈もあるらしい。とにかく、反日のために屁理屈を
こねているだけ。日本側は、IJCに提訴すると言っているが、とにかく、賠償金
というか未払い金を支払ってはだめ。すると、韓国は、日本企業の韓国内の
資産を差し押さえにかかると言われている。そうなる前に、日本企業は、大急ぎで
撤退すべきだ。何か差し押さえられてしまったら、日本国内の韓国企業の同額
資産を差し押さえるべきだ。外務省は、戦略的放置とか言っているが、そうやって
油断させるって言う戦略なのだよね?ところで、徴用工と言っているが、全く
徴用などされておらず、単に募集に応じた労働者なのだそうだ。当時、給料を
踏み倒された日本人労働者もたくさんいただろう。
■2018年10月28日 三度目の殺人
という2017年の邦画を見た。殺人の前科のある男が首になった会社の
社長を殺し、自分がやったと自白したが、供述が二転三転し、弁護士が
真相を調査すると、やむにやまれぬ善意で社長を制裁したらしいことが
わかるが、判決は死刑。ここでまた三度目の殺人を合法的に犯してしまう
のかというあらすじ。自供が不明瞭だし、社長やその家族の状況がよく
わからないままに裁判が進んでしまうので、最後まで見ても真相は
わからない。犯人とされる男も、判決を聞いても取り乱す様子もなく、
中途半端な終わり方。ただ、裁判官の前ではあるが、密室で両者が
打ち合わせるとき、容疑者は自白しているのに、今になってやっていないと
主張しているが、今更、筋書きが変わるわけがないだろうという、おざなり
というか、人の命をめんどくささで覆い隠しているようなうさんくささがある。
裁判員裁判と言いながら、12人の怒れる男のような、白熱した議論がある
わけでもない。この映画は、どうやら、死刑制度反対を言いたいようだ。
確かに、こんなふうにいい加減に判決が出ると思うとぞっとする。
弁護士は、前半、減刑を勝ち取るための裁判の戦略を口にし、容疑者の
気持ちを理解する必要などないと言っていたのが、次第に気持ちを理解
しなければならないと言い出すのがせめてもの救いか。広瀬すずがかわいかった。
■2018年10月21日 つくば道スタンプウォーク
記録によると、2009年に最初に筑波山のスタンプラリーをやっている。
http://matsui.dip.jp/bike/StampRally-2009Oct.html
その後も何回も参加した。今年、2018年は、スタンプウォークと言うらしい。
10月20日は初日、9時からつくば駅でスタンプウォークの台紙を頒布するらしいが、
各ステーションのスタンプがオープンするのは10時からなので、ちょっとゆっくりめに
出る。つくば駅で台紙をもらうが、相変わらず、改札の中に入らないと取れない。
入場料は払わずとも入らせてもらえるが、敷居が高い。すぐに北条に向かい、
宮本家で二つ目のはんこ。すけがわ邸、筑波山口に行くと11時くらい。それから
筑波山神社までは、山道を標高200m位まで上らなければならない。神社で5つめの
スタンプ、次は最大の難所、ケーブルカーの筑波山頂駅に行かねばならない。
ケーブルカーの往復は1050円。それよりも、下りのケーブルカーが混み合っていて
30分以上行列したのは参った。下りて直ぐに筑波山観光案内所に行って、ゴールイン。
1時くらいだったか。順番を聞くと、3番だと。うーむ、上には上がいるなと思ったら、
いえ、コンプリートしたのは最初ですと。やったぁ!景品は、つくばのラーメン二人前
とTX卓上カレンダーだった。走ったのはわずか45kmだが、いろんなことができて
おもしろかった。いい天気だったしね。



■2018年10月20日 4004
妻を助手席に乗せてつくば市内を自動車で移動していたら、信号待ちで前に
ナンバーが4004の車があった。4004でピンと来る人は通ですね、ひょっとして
嶋正利氏が運転しているのではないかと思った。妻に、「運転者は、メガネして
いるよね、高齢者だよね?」と尋ねる。車線を移って横から見てみる。白髪の老人。
スマホで嶋氏の写真を妻に見せる。「この人だと思う!」うーん、やはりそうか。
4004というのは、インテルの、世界初と言われているマイクロプロセッサの型番で、
その設計者が嶋正利氏というわけだ。妻にそのことを話すと興味をもったようだ。
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%81%AE%E8%AA%95%E7%94%9F%E2%80%95%E3%82%8F%E3%81%8C%E9%9D%92%E6%98%A5%E3%81%AE4004-%E5%B6%8B-%E6%AD%A3%E5%88%A9/dp/400006021X/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1540099652&sr=1-1&keywords=%E5%B6%8B%E6%AD%A3%E5%88%A9
嶋氏が、インテルのノイス社長に建ててもらったというつくば市東光台のインテル
デザインセンターも昨年取り壊されてしまった。時代は大いに変わったが、
MPUの黎明期を日本のエンジニアが切り開いたというのは、誇らしい気分になる。
嶋氏が4004というナンバーにしているという話は、10年前にも聞いたようだが、
この自動車はドイツ車でとても新しそうだった。ずっと4004を乗り続けるのだろう。
個人を識別できる4桁の番号があるというのは、うらやましい。
■2018年10月14日 どうして戦争したのか
某講演会で、戦争の記憶のある偉い先生が、「うちのオヤジでも勝ち目のない
戦争であるとわかっていたのに、京都学派その他、最高の知性の人たちはなぜ
戦争に賛同し、止められなかったのか」と嘆いた。彼我の力の差は10倍はあって、
実際にアメリカを見てきた知識人は勝ち目がないとわかっていたはずだと。
でもそれは、負けてしまった今だから言えるのだよね。当時は、三国干渉に
とどまらず、欧米に(特にルーズベルトに)差別され、負けるとわけっていても
一矢報いる、一泡吹かせずにはいられなかったのだろう。それに負けるとわかって
いると言うが、日本は大国ロシアにも勝ったのだし、その後、ベトナムは米国に勝利して
いるのだから、負けると決まっているとは思っていなかっただろう。負けるとわかって
いても、忠臣蔵なのだ。正しいと信じていることをやらねば気が済まなかったの
だろう。負けるとわかっていて馬鹿なことをしたというのは、後知恵に過ぎまい。
■2018年10月13日 iphone その3
新しいiphone XS を3週間ほど使った。並行輸入のXperia XZ1との比較。
動作が圧倒的に速い。画面の動きがぬるぬるしているだけでなく、アプリケーションの
起動も切り替えも速い。指の動きへの追従性も高い。Xperiaでは、反応がなくて、何度も
タッチすることがあったが、iphoneではそういうことはない。Huaweiのmedia padは、
タッチへの感度が高すぎて予期せぬページの飛ばされることもあったが、それもない。
電池が良く持つ。Xperiaの3倍は間違いない。めったに50%以下になることがない。
充電も速い。FaceIDでの認識は、高速だし、便利。薄暗いところでも大丈夫。NFCは、
IDカードとSuicaを使ってみた。Suicaは、Androidと同じように使えるが、IDカードは、
使う前にスイッチをダブるタッチしてFaceIDをくぐる必要がある。その方が安全性は
たかいが、面倒ではある。アプリケーションのインストールにもFaceIDが必要など、
全体にセキュリティが高い。テザリングはやっぱりだめ。IIJのMVNOと相性が悪い?
付属のイヤホンはしょぼい。外付けのSDカードが付かない。防水らしいが試せない。
アプリケーションは、Androidの方がずっと豊富にあるが、一個一個の質はiphone
の方が高いのではないか。
このiphoneは、重くなった。ずっしり中身が詰まっている感じがする。電池か?
落とすと衝撃が強そうだ。カバーとストラップを付けて落とさないようにしないと。
■2018年10月08日 自衛艦の旭日旗
韓国政府は、済州島で明後日行われる予定の国際観艦式に来る艦は、国旗と太極旗
(韓国の国旗)だけを掲揚するようにと要請し、日本の海上自衛隊は、法律上掲揚
しなければならないのだから、観艦式には参加しないことを決めた。韓国が非常識
な要請をしていることは明らかである。国際法上、民間船と軍艦を区別するには
軍旗が必要で、軍旗なしで他国の領海に入れば、撃沈されても文句言えないとする
説もある。彼の国は、数年前から、旭日旗を戦犯旗と呼び始め、サッカーの観客が
旭日旗を振ったり、さまざまな商品に日の出のマークが付いていると文句をつけ
るようになった。ネットには、もう80年前の戦争のことだから忘れろよというような
意見も多いが、それも筋違いである。そもそも戦犯旗というものは存在しない。
戦犯とは、捕虜を虐待したり、一般市民を殺害する者を言うのであって、宣戦を布告
すれば戦犯(国)になるわけではない(戦犯国などない)。平和に対する罪を犯した
者をA級戦犯と呼んでいるようだが、平和に対する罪など国際法上存在しなかった
のを東京裁判で捏造したのであって、事後法だからそんな罪は成立しない。韓国民は、
第2次世界大戦で、日本軍が旭日旗をふりかざして韓国民を虐殺したように言い
募るが、当時は日朝は同胞、戦友である。自分たちも振っていた旗を急に敵の旗の
ように言い出す理屈がわからない。いや、彼らは、当時日本と一緒に戦っていたの
では、親日派になってしまうので、どうしてもみとめたくないのだ。親日は罪だと
言うのだから、日本の旗に怒りを覚えるふりをしなければ、親日罪を着せられる
ということなのだろう。こんな国と戦時の防衛の同盟など組めそうにない。
しかし、それもまた、彼らの宗主国である北朝鮮の思うつぼなのだろう。北朝鮮は
なんとかして韓国と日本を仲違いさせたい。そうすれば韓国は北朝鮮に近づく。
そのシナリオにまんまと乗ってしまっているのがここ10年ほどの韓国である。
Penguinは海を飛ぶ
matsui.toshihiro3 at gmail.com
Penguin Home